キッズ専門のダンススクール「ユースダンスプロジェクト」朝霞・和光・志木・新座・板橋・大山・ときわ台・池袋・中野・沼袋・野方・その他首都圏にて開講中!

無料体験・見学はこちらメールは24時間受付中!

笑顔で踊れるダンサーになるには

楽しそうにダンスをする子供

ダンサーの多くは、笑顔で楽しそうに踊っています。

しかし、舞台上で踊られるダンスの多くは競技スポーツとほぼ同じレベルの激しい運動です。

スポーツであれば、苦しそうな表情をしていても、その競技でよい記録を出せば問題ありません。

しかし、ダンスではそういうわけにはいきません。

舞台で踊られる踊りのほとんどは、客席に観客がいて踊りを見ています。

意図的に苦しい顔の表現をする場合を除けば、どんなに激しく踊ったとしても、笑顔で余裕のある表情で踊り続けなければなりません。

これは、ダンスが他のスポーツ競技と比べて大きく異なる点です。

もしダンサーの体力水準が低く、体力に余裕がなければ、激しい強度の踊りではすぐに苦しい表情になるでしょう。

また踊りは、短距離のように短時間で激しく踊るものから、マラソンのように長時間続けて踊るものもあります。

こうした点を考慮すると、体力のさまざまな要素がダンサーにとっては必要になります。

ダンサーは、全身的な持久力に余裕がないと笑顔で踊りつづけることはできません。

日々のレッスンにおけるリズム取りや筋力トレーニングを通して、無理なく体力の向上を目指していきましょう。

最終更新日:2020年1月09日

ブログ

受講生の声

出演情報

出演依頼 アクセス

出演情報

アクセス

ブログ

出演のご依頼