キッズ専門のダンススクール「ユースダンスプロジェクト」朝霞・和光・志木・新座・板橋・大山・ときわ台・池袋・中野・沼袋・野方・その他首都圏にて開講中!

無料体験・見学はこちらメールは24時間受付中!

ダンス初心者の心構え5カ条!

悩むダンス初心者 この記事では、これからダンスを始めたいという方のための心構えについてお伝えしていきます。

何事も新しく始めるというのは、誰でも不安が伴うものです。

日頃から踊ることに興味があり、ダンスを始めてみたい!と思う方は多いと思いますが、実際にダンスレッスンの見学や体験に行ってみると、「イメージと違った」「やっぱり難しい」と感じる方が多いのも事実です。

結果としてダンスを続けることに抵抗を感じてしまい、すぐに辞めてしまう方も少なくありません。

そこで、これからご紹介する5つの心構えを事前に知っておくことで、ダンスに対する不安や悩みを解決することができるでしょう。

ダンス初心者の大人の方からキッズダンサーの親御さんまで、読んで損のない内容になっているので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

【ダンス初心者の心構え-その①-】ダンスを始める動機や目的をはっきりさせよう。

ダンスを始める際にまず大事なのは、ダンスを始める動機や目的を明確にしておくことです。

なぜなら、目的がはっきりしていないと、自分にあったレッスンを見つけることが難しく、困難に直面したとき、すぐに挫折してしまう可能性が高いからです。

さて、あなたは何のためにダンスを習いますか?

【ダンス初心者の心構え-その②-】ダンスを始める目的やゴールが明確になれば、スクール選びや先生選びで迷わなくなる!

ダンスを始める際に意外にも多いのが、目的や最終ゴールのない人たちです。

最初は興味本位でなんとなくダンスを始めてみよう!というのも決して悪くはないのですが、いつまで経っても目標やゴールがないというのは、せっかくダンスレッスンに費やしている時間やお金を無駄にしてしまうことになりかねません。

子どもの場合は、成長の過程において、色々なことに興味を示す時期が訪れます。
したがって、積極的に色々なことに挑戦するのは、子どもの成長にとってはむしろ良いことだと言えます。

しかし大切なのは、子どもがダンスをやってみたいと思い始めたなら、きちんと目標やゴールを一緒に設定することです。
例えば・・・
コンテストで●位をとれるようになる
発表会に出るまでは辞めない
●年生までに次のクラスに上がる!
など。

大人であれば、
●年後に●●のコンサート・発表会に出る
●●のオーディションに合格する
ダンスの資格を取得する!
など。

ただ趣味で踊っている大人の方も、
自分ひとりで完結するのではなく、ダンスは表現活動の一つなので誰かに発表することを前提に取り組んでみてください。
すると、新たな目標ができたり、モチベーションアップにつながったり・・・
出会えなかった人ともダンスを通じて出会えることもたくさんあります。

【ダンス初心者の心構え-その③-】初めからできると思ってはダメ!ダメで元々

ダンスに興味を持ち、せっかく勇気を出してレッスンに参加してみたものの、すぐに挫折して辞めてしまう人もたくさんいます。
もちろんその理由は様々です。

クラスの雰囲気や講師との相性、ジャンルの違い、曜日や時間の都合、金銭的な面、立地条件などなど様々です。

そんな中、大人も子供もダンス初心者が一番多く経験するのは、「レッスンの内容が難しく、自分にはついていけない・・・」と感じてしまうことです。

しかし、ちょっと待ってください!

ダンスはそもそも、本格的に学ぼうと思ったら、1日や2日で簡単に踊れるものではありません。

「できない」のではなく「やり方をまだ教わっていない」から、「できなくて当たり前」なのです。

誰が悪いわけでもありません。決してできない自分を責めてはいけません。

また大人になると、必要以上に周りの目を気にしてしまい、できない自分を恥ずかしいと思うようにもなりますよね。

でもこれ、意外と周りは気にしていません。

ダンスに通っている方の多くは、自分の目的を達成するためレッスンに集中しているので、良い意味で、あなたが思っているほど、あなたのことをいちいち気にしてはいないのです。

周りの目を気にするよりも、自分の目的を達成することに集中する方がよっぽど建設的です。

話を戻しますが、

ダンスの体験レッスンや初日のレッスンで、できないことがあっても、それが当たり前なので、全然問題ありません。

最初の1回2回で決めつけてしまうことは非常にもったいなく、まずは、何度も通ってみることが大切だと言えます。

ことわざにもあるように、実際に体験を通じて慣れていくほうが、習得は早いという場合もあります。「習うより慣れよ」ですね。

子供の場合は、すぐに「できない」「難しい」「恥ずかしいから行きたくない」と言い出すお子さんもいます。

そんなときは、1つでもいいので、お子さんのできるようになったことを褒めてあげましょう。
「難しそうだったね。でもここは上手にできたね。」と、できないことを責めるより、できたところを見つけて、伝えてあげると効果的です。

【ダンス初心者の心構え-その④-】わからなかったら聞けばいい!

ダンスに通い始めて間もないころは、体の使い方やリズムの取り方がわからなかったり、練習の仕方がわからなかったり、とにかく疑問だらけになります。

そんなときは、迷わず講師に質問しましょう。

レッスン中や休憩中は、レッスンを妨げてしまう原因となるためなかなか聞きにくいと思いますが、レッスン終了後などに直接聞きに行ってみると良いでしょう。

ただし、1つだけ注意しておきたいことがあります。

あなたがその先生を選んだ時点で、その先生は師匠・あなたは弟子にあたります。

ダンスといえど芸事ですので、きちんとした礼節を弁えて、質問するよう心掛けしましょう。

【ダンス初心者の心構え-その⑤-】レッスンに通っているだけではうまくならない!

厳しいことを言いますが、週に1回数時間のレッスンに通うだけでダンスが踊れた気になってはいけません。
これから本当にうまく踊れるようになりたいと志すなら、次のレッスンまでに必ず自宅で復習やトレーニングを怠らないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか。

ダンス初心者が陥りやすい悩みをまとめてみました。
これからダンスを始める皆さんに、この記事がお役に立てば幸いです。



最終更新日:2020年07月31日

ブログ

受講生の声

出演情報

出演依頼 アクセス

出演情報

アクセス

ブログ

出演のご依頼